田畑のソーラーシェアリング?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on LinkedIn

田畑のソーラーシェアリング?
「太陽光パネルの設置で農地に適度に日陰ができて農作物の収穫量が増えるケースもある。」って本当なの?
山田征さんの「脱原発と自然エネルギーの落とし穴」を
聞きに行ったのは脱原発自然エネルギーが不自然だったから。
2011年か2012年の頃です。
 
 
当時の征さんは「再生可能エネルギー促進付加金」分のみ(月額2円)支払い拒否をして電気を止められローソク生活でした。
  
電気料金に上乗せされている「再生可能エネルギー発電促進賦課金」ですね。
 
・原発が稼働しなくても電力は足りること。
・風力、太陽光、地熱発電のために、自然を破壊すること。
・切り開いた自然にコンクリートを流しても2~30年の寿命。
・パネルや風車の羽を作る原材料は?
・有害なゴミの処分は?
・振動や電磁波などの体への影響。
 
とても賛成できないと思いました。
 
お話を聞いたときから、数年が過ぎましたが
下記のリンクは神社裏の森ゴルフ場太陽光発電のお話。
 
 
山の南斜面の木々を切りパネルが設置されたところや
農地から転用されたところ・・・
 
検索するとたくさんの記事を見ることができます。
 
 
3代先の子孫を考えてではなくて
2~30年後から始まる廃棄処分・・・
これって自然に優しいエネルギーなのでしょうか?
 

女性起業家のポテンシャルを高める【ビジョンメイク60メール講座】

▲pagetop