どんぐりメニューが美味しいお店〜Redoor(横浜 三ツ境)

Redoor1
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on LinkedIn

縄文時代の人々は美食家だった!

 

木の実や果物や魚、肉、発酵食品・・・。

 

縄文時代の豊かな食生活の木の実で思い出すのがどんぐりです。

 

どんぐりって栄養が高くて、さらにデトックス・アンチエイジング効果があるようです。

 

どんぐりを使ったクッキーや、韓国料理を食べたことがありますが

ほろ苦いイメージがありました(^^)

どんぐりの種類や製粉方法・・・あとは配合の比率に、美味しく食べる秘訣があるようです。

今日は「どんぐりスペシャルメニューランチ会」に行ってきました。

オードブルのどんぐりガレットを始めとして、パスタもパンも・・・。

お料理にはどんぐり粉が使われています。

こちらのお店のお料理は苦みがなくて、もっちりと深いコクがある仕上がりです。

 

建物の2階は、三ツ境どんぐりヒルズ「まち・ふく」
障がい者の方たちが、どんぐり粉やキャンドルを作る作業スペースです。

そして作業場にあるどんぐりは、とても大粒です。

比べるものがないのでわかりにくいかもしれないですね〜。

どんぐりパン、どんぐりパスタ、どんぐりドーナッツ、どんぐり茶・・・。

まだまだ商品開発は進むようですが、どんぐり源さん(平賀国雄さん)の情熱が熱いです!

 

 

『洋風レストランRedoor』さんがおススメなのはお料理が美味しいだけではなくて

お店のオーナーやスタッフさんたちが面白い!

エンターテイメントのプロでしょ!という感じです。

 

オーナーの田中さんはtrfのSAMと一緒にダンスをしていた元ダンサー。

 

シェフの菅原さんも写真・詩・音楽の創作活動。

 

元俳優・ミュージシャンの柴田賢志さんは難病と戦いながら詩を書いてどんぐり粉の製造をしています。
(救急戦隊ゴーゴーファイブのイエロー巽大門)
柴田くんの詩は、まるで舞い降りてきたようなメッセージのような詩です。
世の中に発信していくのでしょうね〜。

 

お店は満席だし、楽しい会話ができる雰囲気は常連さんが多いのがよくわかります。

 

 

 

わたしよ幸せにな~れ! Ho’o Happy 

それでは質問しますね。

なぜ、あなたにその問題が起きたのでしょうか?

「そして、これからはもう同じようなパターンの問題は起きないのでしょうか?」

あなたは今、問題が解決されて、明るい希望を感じているでしょう。

「だって問題はうまく解決したから、これで終わりじゃないの?」

きっとあなたはそう思われますよね。

あなたに繰り返し起きていた同じようなパターンは

「あなたのテーマ」でもあります。


もしも「気づいていないあなたのテーマ」鍵になるのであれば

そのテーマを知りたいと思いませんか?

 

 

『〜わたしらしく幸せに〜

 未知なる私と出会うアテンションワーク』

くわしくはこちらをご覧ください。

 

個人セッションのお申し込みはこちらです。

(対面・Skype)

 

⇒40代の女性が誰のためではなく『わたしらしく』輝いていて欲しい!
 40代女性が自分らしい幸せに『気づく』と『築く』をお手伝い!
 ホ・オ・ハッピー ニュースレター (無料です)

 

 

 

 

 

 

女性起業家のポテンシャルを高める【ビジョンメイク60メール講座】

▲pagetop