借り物の言葉ではなくて、あなたの言葉で語ろう

hana1
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on LinkedIn

格言や名言や良い言葉は、人気がありますね〜。

誰かの言葉に感動することってあります。

座右の銘として、自分の励みや目標にすることもあるんじゃないかと思います(^^)

 

 

〜あなたらしく輝くために「気づく」と「築く」をお手伝い。

心理カウンセラーの加藤勢津子です〜

 

誰かの言葉に感動したり、使えるな〜と思って

自分に語ってみるのは効果的かもしれません。

 

だけど、それを他人に使うときには要チェック!

・同じような体験をして、同じことを考えていた

・共感する

・気づきがあった

 

あなたが感動したり、使えるな〜と感じたのは、どの段階でしたか?

 

腑に落ちて納得できているときは、その言葉をあなたは使いこなせるし

同じ内容を、あなたの言葉で語っているかもしれないですね(^^)

 

借り物の言葉って、どこか相手に響かない感じがしませんか?

 

たとえば、こんな経験はありませんか?

学校の先生や偉い人の言葉を借りて子どもにお説教したら

子どもの反撃にあって、自分自身がその言葉に納得していないことに気づいたり・・・。

 

夫婦や仕事場といった大人同士の会話で

誰かの借り物の言葉をつかったら

「言ってることとやっていることが違うじゃない」と指摘されたり・・・。

 

さらに「〇〇さんも言ってました」「みんなそう言ってます」なんて借り物言葉バージョンもありますね。

 

コミュニケーションにおいて「正直」なことって、大切なキーワードなんじゃないかと思うんです。

「正直」に伝えて、それを押し通すという意味じゃないですよ〜。

 

借り物の言葉ではなくて、あなたの言葉のほうが想いが伝わりやすいということ。

 

逆にいえば

・「正直」になれない

・借り物の言葉を使いたくなる

 

こんなときの、あなたの心の状態を感じてみると

大きなヒントが隠されているのではないでしょうか?

 

 

 

 

わたしよ幸せにな~れ! Ho’o Happy 

 

頭で考えた建前ではなくて、あなたの本音を引き出します。

本音を理解することで、あなたの本物の「アイデンティティ」とつながって

まだ気づいていない本当のあなたの価値や満足を手に入れることができます。

自分を尊重するだけで何故か上手くいく!
セルフエスティームを高めるホ・オ・ハッピーの個人セッション⇒こちら

 

 

〜【セルフエスティーム】とは、自尊心や自分を大切にすること⇒こちら

 

【セルフ・エスティーム】を育てるにはプロセスがあります。

・あなたの【セルフ・エスティーム】の状態を確認しましょう。

・ そして【育てつづける】【ケアし続ける】ことが大切です。

 

なぜ続けることが大切なのでしょうか?

 

一気に変えようとすると、潜在意識は抵抗します。

育てるためには、ある程度の時間や回数が必要です。

 

なので、自然な変化やステップを考えることが大切です。

あなたのステップを作っていきましょう。

 

⇒40代の女性が誰のためではなく『わたしらしく』輝いていて欲しい!
 40代女性が自分らしい幸せに『気づく』と『築く』をお手伝い!
 ホ・オ・ハッピー ニュースレター (無料です)

女性起業家のポテンシャルを高める【ビジョンメイク60メール講座】

▲pagetop