潜在意識を味方にしよう その2〜記憶を繋げてみよう

mi.001
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on LinkedIn

潜在意識を味方にして望む人生を創りましょう!

 

あなたの過去の体験は
あなたの中でどんな記憶の情報になっているでしょうか?

〜40代の女性の生き方を

2ヶ月で変化させるマイカウンセラー

加藤勢津子です〜

潜在意識を味方にしよう 〜その1記憶を整理してみる
ここでは、記憶の整理をするときに
「子どもの力では変えられないこと」と
「整理したほうがよい記憶」に分けました。

「子どもの力では変えられない体験は、そのままなの?」では
ないんですね(^^)

記憶を繋げてみることは、むしろ
「なぜ、この環境に生まれたの?」
「なぜ、この人が親なの?」

そんな・・・子ども心に考え続けた答えが
見つかりやすいです。

スピリチュアル的な考え方や
宗教的な考え方ではなくて
心理的なアプローチで記憶を繋げてみましょう。

・その体験を通して何を学びましたか?
・その体験で目覚めた、鍛えられた才能は何ですか?
・その体験はその後の人生に、どんな影響をもたらしましたか?

両親との関係だけではなくて
それぞれの家系のテーマの継承になっていることもあります。

記憶を繋げるときは
感情を入れない方が良いんですね。

心の痛みが残っている人は癒すことからです。

たぶん、これは一人では難しいと思うので
カウンセラーやセラピストと共に作業をしたほうが良いでしょう。

今は、さまざまなメソッドが出ているので
ご自分でピンときたものを探してみるのもよいかも(^^)


記憶が繋がって、あなたの人生のストーリーが描けたとき
過去の想い出や、今の状況が
全然違う意味に変わっていることに気づくことがあります。

生まれるときに決めているといわれる

「ミッション」があるとしたら

そのために必要な体験が用意されていたのだと
思えるかもしれません(^^)

それとも「しっかりとトレーニングを積んだな〜」と
自分を褒めたくなるかもしれません。

 

 

セルフエスティームとは自尊心や自分を大切にすること。

私たちは、子どものころから、さまざまな体験をして
「私」というものを体感していきます。

 

そして「私」を知る・確認することで、
仕事を選び、社会に貢献できることを
見つけることができるようになります。

 

それがうまくいかないときが
「自分を見失う」ということ・・・。

 

セルフエスティームを育てるだけで
なぜか人生がうまくいくようになります。
人生をプランニングする個人セッションは⇒こちら

 

あなたの価値観がよくわかる!
価値観判定テスト(無料)お申し込みは⇒こちら

 

60日間で最高の自分を実現するためのメールセミナー⇒こちら

女性起業家のポテンシャルを高める【ビジョンメイク60メール講座】

▲pagetop