微妙な違いを大切にすると・・・

A free flying white dove isolated
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on LinkedIn

微妙な違いを大切にすると理解できることがあります。

それは些細なことにこだわるというのではないんですね。

 

〜40代の女性の生き方を

2ヶ月で変化させるマイカウンセラー

加藤勢津子です〜

 

たとえば
美味しい料理を作れる人は
微妙な違いを感じる味覚が発達しているのかもしれないです。

身体のケアのお仕事についている人も
微妙な違いを感じ取る触覚が発達しているのでしょう。

 

我が家でも、子どもが小さい頃は
家族全員で「気功整体」に通っていました。

先生が「お母さん、ここを触ってみて」というので触ってみましたが
微妙な固さ、凹凸感、体温の違いを感じましたが
先生ほどは微妙な違いを感じることはできなかったです(^^)

では、瞑想や禅のように
微妙な心の状態はどうでしょうか?


 

「悟りの境地」には憧れても、
今あなたが感じているのが「悟りの境地」なのかは
体感しにくいですね。

瞑想もさまざまな階層に分かれているのですが

「愛」なのか
「高次元」なのか
「エゴ」なのか
違いを感じるのは難しいところです。

微妙な違いがあるということを
知っているのと、知らないでいるのは
大きな違いが起きるのはたしかですね。

指導者と語る時間が、とても大切になります。
そしてどれも「些細なこと」ではないですね。

心のシクミも同じなんですね。
微妙な違いを理解できると、

人生の生き方が変化するかもしれません。
何よりも自分が楽に生きられるようになります。

そして、他人や社会に対しての理解のしかたが変わるでしょう。
わかりやすい例として「お金」について考えてみましょう。

「お金」は交易には欠かせないものでした。
モノを取引するときに必要なモノでしたね。

感謝の気持ちを「お金」で現すこともあります。
何かをしていただいたお礼という
エネルギーの交換に使われるといっても良いかも。

「お金」が汚いものや権力という、
負のイメージに繋がることもあります。

・自分だけが良い生活をする欲望
・お金で人を支配する権力

そんなことが行なわれた人間の歴史があるからでしょうね。

では、平和のための「お金」は綺麗なものでしょうか?
・あなたが平和を願う心の奥にあるものは
・あなたが描く平和の内容は
・あなたと違う平和の価値観を持つ人は

「欲望のお金は良くないけれど、平和のためのお金は必要だと思う」
こんな考え方の人は多いと思います。

愛の心で魂と繋がっているようですが
これは「善か悪かの二元論」で、心の穏やかさからは遠ざかることも・・・。

「お金」は物質ではあるけれど
さまざまな可能性があるエネルギーが形になったものです。

それぞれの微妙な違いを大切にして
理解することで大きな変化があるでしょう。

心のシクミは
・動機
・目的

それぞれの微妙な違いを知ることで
あなたの意識の状態を理解することができます。

そして、それが潜在意識を味方にすることに繋がっていきます。

 

 

 

 

 

 

セルフエスティームとは自尊心や自分を大切にすること。

私たちは、子どものころから、さまざまな体験をして
「私」というものを体感していきます。

 

そして「私」を知る・確認することで、
仕事を選び、社会に貢献できることを
見つけることができるようになります。

 

それがうまくいかないときが
「自分を見失う」ということ・・・。

 

セルフエスティームを育てるだけで
なぜか人生がうまくいくようになります。
人生をプランニングする個人セッションは⇒こちら

 

あなたの価値観がよくわかる!
価値観判定テスト(無料)お申し込みは⇒こちら

 

60日間で最高の自分を実現するためのメールセミナー⇒こちら

 

女性起業家のポテンシャルを高める【ビジョンメイク60メール講座】

▲pagetop