日本の時代からひも解く女性像〜大人のたしなみ日本文化の心得

岡田さんUST第1回
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on LinkedIn

『大人のたしなみ日本文化の心得』
シリーズの第1回目は
「日本の時代からひも解く女性像」です。

日本の歴史をみると
ずっと、女性が虐げられていたわけではないですね。

そして、古代から現代までの女性たちの姿を
はっきりとは理解していなくても
日本人の潜在意識には影響しています。

縄文時代は五穀豊穣、子孫繁栄の女神。
シャーマニックな力を持つ女性が治めていた地域もあるようです。

古墳の中心の埋葬者(権力ある人)
男女の比率が半々に近いようです。

母系社会では、女性たちの意識も現代とは違っていました。
恋愛をするにも歌が詠めないと
男性を惹きつけることもできなかった時代があります。

女性が虐げられていた時代はもう終わっています。
社会のシステムのなかで
簡単には変えることができなかった時代ですね。

解放でもなく
自分探しでもなく
感覚だけに頼るのでもなく

女性の脳は、現実を生きる力とイメージ力の
どちらも使うことができましたね!

あなたの女性観を見直してみませんか?

【岡田美穂さんプロフィール】
女子美術大学芸術学部洋画科卒業。
フランス留学後、画廊業務に携わるもペルシャ絨毯の美しさに魅かれ染織の世界へ。
江戸文化に関して故榎本滋民氏、国立劇場顧問・織田紘二氏に、
日本の染織史に関して元日本女子大学教授・小笠原小枝氏、共立女子大学教授・長崎 巌氏等に学ぶ。
きものの諸事については木村 孝氏の薫陶を受ける。
‘92.から江戸小紋・長板中形の老舗、㈱竺仙でチーフデザイナーを務める一方、
文化セミナー「竺仙さろん」を企画運営。‘09.6月退社。
現在、“凛とした美しい佇まいのおとな”を目指すおとなの学び舎【さろん・ど・遊】
着付けとコーディネート、所作等々の
プライベートレッスンの教室【くれは塾】を主宰。
茶道・表千家を嗜み、能、歌舞伎をこよなく愛す。
謡・仕舞を金春流シテ方櫻間右陣師に師事。
著書「働く女を美しく魅せる大人のたしなみ36の心得」明日香出版

【加藤勢津子】
女性起業家のポテンシャルを高める
ビジョンメイクコンサルタント

ビジョンメイキング(個人セッション)には、
心理カウンセリング、シンボルを使う技法、心理メソッド、リラクゼーション、ヒプノ(深いリラクゼーション)を
取り入れています。

◆株式会社ミラクルシトリン代表
◆日本応用カウンセリング審議会認定心理カウンセラー
◆エリクソン催眠セラピスト養成ワークス認定ヒプノティスト
◆ABH認定ヒプノセラピスト
◆ドナリスシャッフルインストラクター
◆LAB プロファイルマスタープラクティショナー
◆魔法の質問キッズインストラクター
◆IKCTFHレベル1・2・3

http://hoohappy.com/

女性起業家のポテンシャルを高める【ビジョンメイク60メール講座】

▲pagetop