一万人を超える鑑定(算命学・手相・周易・気学・タロット)☆永田智山さん(3)〜自分らしく生きようと思っている40代の女性たちへのエール

hana1
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on LinkedIn

自分がやりたいと思うことを理由をつけないでやって欲しい

結果がどうじゃなくてやっているうちに必ず開けてくる。

智山さんからの心強いエールです!

誰にでも大きく開ける可能性や、眠っている才能があります。

そしてそれを開花させるのは

・やろうと決意すること

・経験を積むこと

なんだと思います。

 

膨大な統計データで解明された「神数術」の秘密(永田智山著)は

Amazonで心理学部門にも入っているんですね。

 

 

〜これからの仕事はどうなりますか?

 

 

 

 

 

鑑定とそろそろ教えることを始める。

 

自分であるていど、自分のことを占うことができて、家族のことも占うことができるようになるのもよいんじゃないか?

 

 

占いで勤めるときに先輩との縦列がかなり大変だった。

自分の中で、鑑定が一万人になるまで数、技術を高めることが目的だった。

 

いじめはたくさんあって大変だったけれど「目標を達成させようとする気持が強くなると、誰かに嫌がらせをされても何も気にならなくなる」

 

体育会系が苦手だと思っていたけど、貴重な経験でしたね。

そうでなければ、会社のいじめとか気持がわからなかった。

それがわからなかったら鑑定ができなかったんじゃないでしょうかね。そういう経験をしろと天が言ってくれたような気がする。

 

ペイントでも先生に可愛がられてアメリカ人にバッシングを受ける。

目だっちゃうんですよね。命式にも出ているから。

 

 

〜智山さんの人生のゴールは?

 

 

 

 

 

考えたこともないな。

笑っていたい

いつもニコニコしてて最後はバイバイ。

 

最後の最後まで健康で笑いながら突っ走って死にたい。

自分の命式からいうと、そういうことになっているのでね。

 

人に教えているでしょうね。

私は勉強で苦しんだから、笑いながら楽しいと言いながら学んでいく。

 

 

〜自分らしく生きようと思っている40代の女性たちへのエール

 

自分がやりたいと思うことを理由をつけないでやって欲しい

 

とっかかりはどんなであれ、やったほうが良い。

 

結果がどうじゃなくてやっているうちに必ず開けてくる。

 

やっているうちに見えてくる

 

私は日本にいるときから、講演会であれ何にでも関心があって取り入れていた。

料理とかいろいろなことをやったから見えてくる。

何もやらないで頭の中だけではわからない。

 

やってみたら嫌いだった。

嫌いと思っていたけど好きだった。

 

無料の講座でも良いし何でもトライ。

 

そうしているうちに自分で将来的につながるものが見えるはず。

 

私も、かつては子どもと夫のために生きていた。

 

アメリカにいたときは東京→横浜くらいの距離を塾の送り迎えをしていたし、子どもが水泳、野球をしていたので夏休み、冬休みは

子どものために時間を使っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

智山さんのお話をうかがっていると、明快で行動力を感じます。

それは悩んだことがない性格だったというのではなくて

家族の中で違いを感じて育った幼い頃の体験や、仕事のキャリアを積む上での大変な思いを乗り越えたからだと思うんですね。

智山さんの本もぜひ読ませていただきます。

 

Ho’0 Happy わたしよ幸せにな〜れ!

女性起業家のポテンシャルを高める【ビジョンメイク60メール講座】

▲pagetop