お買い物とミンピまでのドライブ〜バリ島旅行4

bari44
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on LinkedIn

今回の旅の醍醐味は
車でバリ島を移動できたことですね〜。
バリのいろいろな表情を見ることができたのが嬉しいです。

女性のポテンシャルを高める
ビジョンメイクコンサルタント加藤勢津子です。

 

この日はお買い物を楽しんだあとミンピまで移動です。


夕日に感動して、ミンピに着いたときは夜でした。

バリアガの村ではグリンシンを買ったけれど
「アタ」製品は買っていませんでした。


街中で買うよりも安いそうです。
私は、バッグとコースターを購入しました。
製造販売のお店なので
大量に買っている人もいましたが〜。


次に向かったのが銀細工のお店です。
ここのお店の商品は銀の含有量が多いんだそうです!

店先で実演していました〜。

金製品も売っていたし
ガムランボールもありましたが
これは前回のバリ旅行で買ったのでいいかな〜ということで
指輪を2個買いました(^^)

日本で銀製品は魔除けになると読んだので
ちょうど欲しかったのでラッキーです。

 

ハワイアンジュエリーの指輪を愛用しているときは感じないけれど
指の太さが、日によって〜時間によって〜
かなり違うので、中指にしたり薬指にしたり
試行錯誤しています。

浮腫みやすくなっているのかしら?

 

バリの王族の家系のバリアン
健康を見てもらう予定でしたが
先客が多くて、残念でしたが他のバリアンに見てもらうことになりました。

気の良い村のおじいさんという感じのバリアンの治療は
ボーンナイフを使うヒーリングと似ているかも〜。
バリの聖なるナイフらしいです。

「悪いものがここにいる」
そんな表現になるんですね。


産出量が少ないので高級な珈琲コピ・ルアク
ウコン、マンゴスチン、朝鮮人参、レモングラス・・・
たくさんのお茶の試飲を楽しんでお買い物をしました。

このコーヒー園も西洋人のお客さんが多いですね。

 

そして、ミンピに向かってひたすら車は走ります。
とても遠かったですが、

街、小さな集落、山の人たちの暮らし〜
楽しいバリ島の旅になりました。

地域によって生活がかなり違いますね。
顔立ちやスタイルも違うと思いました。

 

観光で成り立っているような地域もあれば

道端で天日干ししているクローブ、丁字は現金になるし
果物やコーヒー豆や花などを作っている地域も
現金が入りますね。

お米も三毛作だし
バリ島でも田舎に住む人たちは
自然のなかで精神的にも豊かなのではないでしょうか。

「子どもたちは学校にどうやって行くの?」とガイドさんに聞くと
「バイク」

そういわれて、よく見ると
子供がバイクに乗っています〜二人乗りの子供もいます^^;

 

鉄道がないバリ島ではバイクが必需品。
ガソリン代も物価にくらべて、かなり高いです。
電気代もかかるし〜

 

燃料にしているココヤシが
先進国の自然エネルギーとして研究されているけれど
ふつうに暮らしている人たちが
ココヤシに困ることがないように願いします。

 

半袖で過ごす街中から車を走らせていると
山の方の人たちは長袖のジャケットを着ているのでビックリ!

気温が、こんなに違うんですね〜。

山が聖地になるバリ島の人々たちの
生活を垣間みることができて幸せでした。

女性起業家のポテンシャルを高める【ビジョンメイク60メール講座】

▲pagetop