バトゥール山・湖(地球の第一チャクラ)〜バリ島旅行5

bari55
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on LinkedIn

バリ島の旅では聖なる山を意識していました。
バリ島の最高峰アグン山は、
日本人にはどこか安らぐようなシルエットです。

バリ人は家の中でもアグン山の位置を気にすると聞きました。
アグン山に足を向けて寝ないとか・・・。

帰国する最終日は
バリ人のガイドさんが私一人を車で送ってくれるというので
リクエストしたのがバトゥール山とバトゥール湖!


写真の右の山がアグン山
左がバトゥール山
中央がバトゥール湖

でも、滞在していたミンピは空港から遠くて
駆け足の一日でした。

お昼ご飯は


海のそばをドライブしているので、ガーリックシュリンプ〜。

山を降り、海辺を走り、街を抜け
バリ島の人たちの生活を感じながら
キンタマー二高原へ向かいます。

ウルン・ダヌ・バトゥール寺院に着いたのは
午後もかなり遅くなってから


こんな感じでお寺が続きますが
塔や建物の配置はマンダラを模しているということで
複雑で広いです。


もっと写真を載せたいですが
バトゥール湖の守護神イダ・バタリ・デウィ・ウルン・ダヌ
水利を司る女神だそうです。

バリ島は三毛作の米作りですが
貴重な水を、とても上手に分かち合っているそうです。


寺院のなかを駆け足で巡っていると


サラスヴァティーがいましたよ〜。
なんだか嬉しいです。

バトゥール山とバトゥール湖に車を飛ばします。

ドランヴアロのATIHワークショップのあとで
ロバートに教えてもらったサイトが気になって〜こちら


バトゥール山に登るのが良いのだと思うけれど
今回は時間も体力もありませんでしたが
そばに行けただけでもOK。


湖の向こう岸に見えるのは
風葬が残る トルニャン村です。
日本にも風葬がありましたが
葬儀と民族のルーツはヒントがたくさんあります。

日本に帰ってきてから
バトゥール山とバトゥール湖が
地球の第一チャクラと言われていると知りました。

良かった〜。
気になることは、しっかりと体験していくのが
良い結果に繋がりますね〜。

 

 

母系社会のおもかげ〜バリ島旅行1→こちら
バリアガに出会い深いバリ島の世界へ〜バリ島旅行2→こちら
占いと滝に打たれて浄化の日〜バリ島旅行3→こちら
お買い物とミンピまでのドライブ〜バリ島旅行4→こちら

女性起業家のポテンシャルを高める【ビジョンメイク60メール講座】

▲pagetop