それはもう終わっていること

DSCN0799
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on LinkedIn

私たちが生きているのは
幸せになるためであって

悲しむために、怒りを感じるため
この世に生まれてきたのではないですね。

 

女性のポテンシャルを高める
ビジョンメイクコンサルタント加藤勢津子です。

幸せになるには
「決めること」

どんなにイヤな出来事でも
「それは、もう終わっていること」

リチャード・バンドラーの初来日セミナーで
これが、強く再確認したことです。

 

とくに・・・

「過去の良いところは終わっていることだ」

 

このポイントは
感覚や感情を大切にし過ぎると
忘れがちではないでしょうか?


誰かとの関係性で
いつも傷つくようなことが起きたり
エネルギーを奪われている関係であっても

それは過去の出来事にしてしまえば良いということですね。

関係のありかたを変えてしまうということ。

成功体験はどんどん積み重ねていけばよいけれど

・思いがけない失敗をしてしまった
・何度も同じ失敗をして恐れに変わっている

 

これも
未来には、まだ起きていない
過去の出来事です。

 

ついつい過去の出来事を現在に結びつけるだけでなくて
まだ、何も描かれていない未来にまで
投影してしまうことがありませんか?

・どうすれば変化させることができるか
・断ち切りたい過去をどうすればよいか

 

その方法は
いくらでもあるわけです。

そのためには
「それは、もう終わっていること」
心の中で強く確認することで

本来のあなたらしさを取り戻すことができるので

・悲しみからではなく
・怒りからでもなく
・恐れからでもなく
・闘争心からでもなく

望むビジョンメイクを創ることができます。

 

良い気持ちになってから
ビジョンメイキングしていきましょうね。

女性起業家のポテンシャルを高める【ビジョンメイク60メール講座】

▲pagetop