まこも茶の作り方〜まこもの乾燥葉を使います

まこもリース1
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on LinkedIn

体内の毒素・老廃物を体外に排出する力があり、血液を浄化し自然治癒力を高める、と言われる『マコモ茶』の作り方です。

 

 

ちょうど、私がまこもの乾燥葉を買うNPO法人メダカのがっこうでタイムリーなイベントもあります。

12/5(水)『梅干の黒焼』『黒焼き玄米茶』『マコモ茶』作り方と飲み方

■場所:神田神保町「お米ダイニング」

 

お米ダイニングでは乾燥まこも葉やその他の食品も売っているので購入できるんじゃないでしょうか。

詳細と申し込みはリンク先からお願いいたします。

 

「背の丈3mにもなる水辺の植物で、水質浄化能力に極めて優れ、体内に取り込めば

 血液をきれいにして不要・不浄成分を「 排泄 」します。」

そして、神事やお盆のゴザにも使われています。

ミラクルシトリンでも2010年にまこものお正月飾りをご紹介させていただいたことがありました。

 

 

 

 

 

 

 

まこも再生プロジェクトさんの依頼で作成したという新潟のひと葉さんのまこものお正月飾りは、私も飾りましたがとても素敵でした。

そのときのまこものお飾りの説明から抜粋しますね。

〜〜

抗ウィルス・防菌作用にも優れ、五月の節句の菖蒲湯は元々

真菰が用いられていましたが、葉で体を傷つけるため

似た種類の菖蒲に転換され、
夏越しの大祓いの茅の輪も元来は真菰で作られていました。

また真菰の発する「 気 」のエネルギーも素晴らしく

出雲大社では奥の院の注連縄や、
日本最古の神社とも云える宇佐神宮では

ご神体がなんと真菰の枕。
お釈迦は病人を真菰のゴザに寝かせて

治癒したと伝えられ、
昭和天皇崩御の際は棺の中に敷き詰められ、

さらに真菰にくるまれて御陵に葬られたように、

古来「 神聖な植物 」として様々に利用されてきました。

〜〜

神事にも仏事にも使われていて、体にも良いまこもなんですね〜。

そして、蛍や生き物たちが住める水質改善にも役立つならスゴい植物です。

まこも茶は家庭でも簡単に作ることができます。

 

健康のために生活に取り入れたいお茶のひとつですね。

 

 

 

Ho’o Happy わたしよ幸せにな〜れ!

女性起業家のポテンシャルを高める【ビジョンメイク60メール講座】

▲pagetop