現実を変える直感力の育て方〜ビジョンを信じるために

写真講座 002
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on LinkedIn

仕事でもコミュニティの活動でも
個人の生活でも
良い方向に築き上げていくにはビジョンが大切です。
そして、ビジョンを創るときや修正していくときに
「これだ!」と感じる直感力や閃きを育てたいですね。

女性起業家のポテンシャルを高める
ビジョンメイクコンサルタント加藤勢津子です。

前回のお話はビジョンを理解するでした。

直感力は感じる力であり
答えを理解できる閃きにしたいですね。
「何となく感じる」から
「答えがわかった!」という閃きまで〜

あなたは、いつもどんな形で感じることが多いですか?
そして、それをどれくらい信頼できていますか?

私の個人セッションでは
質問に対して「0、3秒以内にお答えください」と説明しています。
これは、他の方のメソッドでも使われているし
かつてビジョンの解読のトレーニングをした練習会でも同じでした。

せっかくの直感、閃き、潜在意識の情報を手にしようとしても
顕在意識が働いて情報に影響することがないように
瞬時に答える・・・という目的のためなんですね。

そして、何が浮かんでも
理解できないようなことでも
それが、とても大切なキーワード(シンボル)になってるので
否定しないことがポイントになってきます。

さらにビジョンを理解するためには
それを言葉に変換していく作業になります。

ということは・・・

直感力を育てるためには
ビジョンから言葉に置き換えていく
トレーニングが効果的です。

五感の中でも視覚が強い人や
ふだんから想像力が豊かな人は
ビジョンを創りやすいですが
人によっては聴覚、嗅覚、触覚、味覚から
情報を取りやすい人もいます。

プランを立てるときや
何かの答えが欲しいときは
自分の頭の中で、堂々巡りの思考を繰り返すよりも
リラックスした状態で
直感や閃きが訪れるのを待つことも効果がある方法です。

ヒプノ、トランス、イメージワークは
これを効果的に使うワークですね。

一人ではできないけれど
他人から誘導されると簡単にできてしまうことが多いです。
そしてトランスや催眠状態に入れない人でも
リラックスすることで同じように
ビジョンを描いてプランニングしたり
腑に落ちる解決方法を得ることができます。

ビジョン解読のトレーニングをしていくと
その中に出てくる気になる出来事を調べていくと
本当に存在しているという体験をすることがあります。

直感や閃きを検証していくうちに
自分のビジョンを信じられるようになっていきます。

 

信じられないというのは
・そういうメカニズムが信じられない
・自分にたいして自信が持てない
それぞれの理由がありますが

自分の直感力や閃きに自信がある人も
それが自分のなかで繰り返している
いつものビジョンのパターンということもあるので
やはり検証していくことも大切ですね。

「瞑想して心と対話しています」という人で
自分が作った「枠」の中での対話だということが
意外と多いです。

ビジョンを信じること〜
ふと、思い出したことも
「答えとは関係ない」と排除してしまわないこと。

問いかけたことに対して
答えは直感や閃きを通してやってくることが多いですけど
顕在意識で理解できなくしてしまうことが多いです。

 

女性起業家のポテンシャルを高める【ビジョンメイク60メール講座】

▲pagetop