食べ物と身体の要求していること

IMG_8623
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on LinkedIn

マカロンのチョコレートコーティング。
お土産にいただくものは
選んでいるときの気持ちまで
美味しくいただきます。

砂糖だけでなくて
小麦、米を食べない人も増えているので
お土産にも気を使う時代になりましたね。

女性のポテンシャルを高める
ビジョンメイクコンサルタント
加藤勢津子です。

食べない食材、食べる食材。
どれもポリシーを持つのはOKだし
それぞれの価値観は大切にしたいですね。

そして食が取り持つ
人の交流や社会での活動も
大切にしたいです。

 

たくさんの食情報のなかから
自分に合ったものを選べば良い
便利な時代ですが

健康だけでなくて
「精神性」や「魂」の高さまで断定されると
これは息苦しいことになる気がします。

ストレスが大きい現実の生活に取り組むとき
あえて、ジャンクなものを
身体が要求することもあるし。

自分のメンタルが
まだ充分に強くないときは
あえて毒を取り込んで
厳しい状況に対応するのかもしれないですね。

霊感が強い人や
チャネラーたちが
セッションやセミナー中に
コーラやサイダーなどの
炭酸飲料を飲むこともあります。

それは、その人たちの
精神性や魂が低いのではなくて
「邪気やネガティブを吐き出す」

セッションの相手や
セミナー会場にある邪気やネガティブは
身体に取り込みやすいので
吐き出す作業に使っているのかも。

必要な栄養を取り込むだけでなくて
意識や身体は食べ物を
上手に使っているのかもしれないですね。

人の身体や意識って本当に面白い!

チョコレートが食べたいとか
ジャンクなものが食べたいときは
私は、それを悪いことと卑下しないで
身体の要求を満たしながらも
その奥にある理由を感じてみることをオススメします。

罪悪感を感じるのではなくて
解放に繋げたいですね。

 

 

 

 

 

個人セッションビジョンメイキング

本当の自分らしさを見つけて
1人の自立した女性としての
輝きを取り戻したい方へ
思い込みや思考の枠を外し
本来のあなたを引き出すお手伝いをいたします

女性起業家のポテンシャルを高める【ビジョンメイク60メール講座】

▲pagetop