「今になって」〜遅くないですから

IMG_0245
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on LinkedIn

「今になって〜」
「今さら〜」
そんな言葉を使う人は
過去を遡ってみても、たぶん同じ。
・現状を知りたくない
・変化させたくない
ずっと、そんな選択をしてきたのではないでしょうか?

女性のポテンシャルを高める
ビジョンメイクコンサルタント
加藤勢津子です。

現状を見極めて
変化させる体験をしている人には
・気づき
・修正
そんな作業は、当たり前になって
いるのではないでしょうか?

たとえば、年老いて
お嫁さんに介護をしてもらった人が
その優しさや暖かさに
「私は子育てを間違ったかもしれない。
優しさってこういうものなのね」

そんな気づきをして
感謝の気持ちで亡くなることもあります。

それを聞いた子どもたちは
心が癒されることになるのではないでしょうか。

親子関係が上手くいかないとか
安心した暖かい家庭が作れないとか
家族の中に強烈な人がいたら
核家族の現代では、なかなか改善することが難しいです。

それでも、どこかに
何らかの突破する入り口って見つかりますね。

どこか、おかしいと気づいていても
改善させたくないときは
やっぱり理由がありますね。

・今になって・・・気づきたくないのはなぜ?
・今さら・・・見たくないものは何?

「今になって〜」
「今さら〜」

その言葉を使うよりも
自分の心の奥深くにある
本音と向かい合ったほうが
周りにいる人たちの救いになるでしょう。

個人セッションビジョンメイキング

本当の自分らしさを見つけて
1人の自立した女性としての
輝きを取り戻したい方へ
思い込みや思考の枠を外し
本来のあなたを引き出すお手伝いをいたします

女性起業家のポテンシャルを高める【ビジョンメイク60メール講座】

▲pagetop