『提案していく関係性』

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on LinkedIn

『提案していく関係性』
日常生活の親子関係でも
提案していくと
思いがけない良い方法が
生まれることがありませんか?
「間違っている」というのは
相手の考えや思いを聞くことなしに
目に見える現象へのジャッジで
自分のフィルターが
影響していることが多いです。
提案にたいして
提案で関係性を作っていくことは
違いを認める関係にも
繋がっていきますね。
「それはムリでしょう」と思う
提案もあるかもしれないけれど・・・
そのときは
その提案の奥にあるものがポイント。
本当の答えを感じたほうが
すんなりといくことも多いですね。
「間違っている」で終わり
相手を認めながらの
提案がないときは
心が閉じている関係性に
なっているので
小さいときから
心を開いても大丈夫という
経験を重ねることが
できると良いですね。
それでは良い一日を♪

女性起業家のポテンシャルを高める【ビジョンメイク60メール講座】

▲pagetop