才能を活かすために〜言葉を変えると人生が変わる

IMG_0440
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on LinkedIn

「言語」と「思考」と「現実」は切り離せない。
NLPの創始者たちと技法やマニュアルを開発した
クリスティーナ・ホール博士に
VOICEの喜多見さんがインタビューし
テープ起こしから編集された本です。

スキルが学べるとともに
「物心ついて以来、言語、言葉に
魅了され続けてきた」少女が

「才能を活かし、望む人生を送ることができたのか」を
知ることができる一冊でもあるでしょう。

子供向け物語のストーリーテラーだった母親。
6歳のときに母親の番組に一緒にでたエピソードは
子育ての参考になる言葉かけです。

自分の子育てを振り返って
頭を抱えそうになりましたが

完璧な母親だったから
子供の人生が上手くいったというのでもなく
大人になってから解決した
親子のエピソードも語られています。

学んだ才能を活かすには
働き方を選ぶことも
発展の大切な条件にもなりますね。

運や直感の良さも感じるのですが
才能になる特質も
場面によっては
修正が必要になることがあります。

遅刻や鍵を探すこと・・・
時間のエピソードが
書かれていますが

それは人間として
良い、悪いということを意味していなくて

原因を知る
どんな経験をしたいのか

そして、それを変化させるのは
本に書かれている技法を使うのですが
鋳型にはめるとか
適応させるとかではないです。

日本では才能を活かすための
日常生活の工夫を

矯正させるとか
感性や個性を否定すると
捉えることがあるけれど

マイナスをプラスにするというのではなくて
外からコントロールされるのでもないです。

言語が「認知」を形成し、
「意識」を発達させ
「考え」をまとめさせ
「体」に影響を及ぼし
「行動」を指示し・・・
わたしたちの「現実」を作っています。

〜〜あとがきより〜〜

「言葉を変えると、人生が変わる
NLPの言葉の使い方」
クリスティーナ・ホール著
大空夢 湧子訳
喜多見 龍一編
VOICE刊

 

 

 

言葉のチカラと意識の切替えで
〜Your Re-birth〜あなたの再誕生

加藤 昇(のり)
トランスフォーメーショナルコーチ
心理カウンセラー
ヒプノセラピスト

個人セッションビジョンメイキング

本当の自分らしさを見つけて
1人の自立した女性としての
輝きを取り戻したい方へ
思い込みや思考の枠を外し
本来のあなたを引き出すお手伝いをいたします

 

女性起業家のポテンシャルを高める【ビジョンメイク60メール講座】

▲pagetop