核家族だから夫婦で考える親族の問題〜離婚カウンセリング

b5de3953306f1c0073d62534814d4675_s
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on LinkedIn

離婚カウンセリング@Cafe〜4月28日投稿分です。

【核家族だから夫婦で考える親族の問題】
木曜日投稿担当の、加藤 昇(のり)です。

結婚を決めたときの理由って
二人で、どんな家庭を作るか
焦点があったっていたのではないでしょうか?

就職の経験がなくて親が勧めるままに
家と家のつながりで
結婚を決める女性は少なくなっていますよね。

 

家に嫁ぐとか、家族のために生きるとか
そんな意識が薄らぎ
夫婦や家族の単位で考えている人が
多いんじゃないでしょうか?

 

それでも親の介護や相続がテーマになると
自分の家庭だけを考えているわけにはいかなくて
親や義理の兄弟姉妹の存在が
クローズアップしてきます。

嫁が嫁の実家と仲良くしすぎることが問題になって
かなりの時間が経ちましたが
日本の古代の母系社会の名残ともいえるし
今の時代は子供が平等に相続するので
もっと、嫁と嫁の実家のつながりが
深くなるのではないかと思います。

 

家の継承の時代と
今の法律では合わないところが出てきていますね。

 

女性たちの不満の中には
介護は嫁がするのが当然だけど
相続には嫁は関係ないという声がありました。

 

夫婦の関係がうまくいっているときは
問題はないですけど
離婚が増えてきた現代では
かつての嫁VS舅姑義理の兄弟の関係が
すでに変化しているのではないでしょうか?

 

核家族が進み、思いやりや慣習の陰にあった
介護や相続の問題が表に出てきているのでしょう。

 

これは夫婦関係にも大きな影響を与えます。
嫁に任せた〜ではなくて
夫婦で話し合うことが大切になりますね。

 

 

言葉のチカラと意識の切替えで
〜Your Re-birth〜あなたの再誕生

加藤 昇(のり)自分創造コンサルタント
トランスフォーメーショナルコーチ
心理カウンセラー
ヒプノセラピスト

 
【MBSA主催】女性・母性神話から脱出するワークショップ/加藤 昇
今から~未来に向かって“自分の人生”を生きる

子育てを楽しむゆとりがなかったり孤独を感じる方、
創られた理想の女性像に合わせようとして葛藤している方
「女性・母性神話」から脱出し、自分らしさを取り戻して生きていけるようになります!

6月11日(土)詳細・お申し込みは→こちらから

~Your Re-birth~あなたの再誕生 7つのヒント(無料メルマガ)
自分が作っている心のシクミに気づくヒントが書かれたメルマガを読んでいただけるだけで
“自分が作っているフィルター”の解明のチャレンジが始まります。

ご登録は→こちらから

無料オリエンテーションを始めました(30分間 スカイプのみ)
問題を解決するのではなくて、セッションをお申込みするかの判断にお使いください。

・問題点が明らかになる。
・解決の方向性がわかる。
・セッションの内容が理解できる。
・モラハラの確認も可能です。

詳細は→こちらから

 

 

女性起業家のポテンシャルを高める【ビジョンメイク60メール講座】

▲pagetop