モラハラに引っかかりやすい?前向き女子

654c3b4f14e13159595817f40996e6ed_s
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on LinkedIn

モラルハラスメントといえば「共依存」?

・自分に自信がない
・誰かの支援をすることで自尊心を満たす

ネット情報でも見かけるし、心理系の仕事の男性たちでも同じ考えの人が多いようです。

でも離婚関係の仕事をしている女性たちは違う意見ですね。

たしかに自信がない依存系の女性もいるのだけれど
前向きに生きる自立したタイプの女性たちも引っかかりやすいです(^^;)

モラハラもパーソナリティの問題が原因にあるので
アスペルガーのカウンセリングをしている吉濱ツトムさんの意見も聞いたことがあります。

やっぱり、彼も同意見でしたね。

危機管理が甘いの?

前向き、仕事ができる、楽天的、正直、逞しい女性が

モラハラパーソナリティに引っかかりやすいって・・・言ってました。
ひとつ重要な指摘もあったけど。

楽天的で、前向きで、正直に生きて人を信用する・・・

ちょっと間違えると「危機管理」が弱いということでもあるんですね。
人を信じすぎて騙されやすいということなんですけど
グレーゾーン女子にありがちな特性のひとつでもあります。

そしてモラハラは夫婦だけでなくて、職場でもあるし
親子関係でも当てはまりますね。

 

他人からは共依存にみえる「信じる気持ち」

芸能人でも母親が息子に悩まされるケースがありますよね。
逞しくて、経済力があって、サッパリと前向きに生きる女性たちが多いですね。

息子の躓きや失敗から立ち直るサポートをしているのに
金銭や、仕事・・・同じ悩みが繰り返されています。

「やると言ったことは実行する」タイプの女性たちで
困難から逃げないで前向きに生きるのでしょう。

正直で相手を信じる力も大きいから、結果として裏切られて騙されるのでしょうね。

最近の芸能ニュースでも母親のサポートが話題になりましたよね。
・親だから更生するようにサポートする
・必要な金銭の援助も必要だから出す
・社会に対して自分の責任も謝罪する

これで立ち直ったときはハッピーエンドなのだけれど
不祥事が繰り返されると「母親がお金を出すのが悪い」という意見が出るでしょう。

試練を乗り越えるか、共依存にするかは、息子しだいなのだけれど・・・

夫婦でも同じで破綻したときは「信じるほうがおかしい」と言われ
破綻する前だと「妻がサポートするのは当たり前」と言われ・・・

 

解決策は?

・無防備に相手を信じて繰り返し騙されないこと
・嘘を繰り返す相手はメリットがある限りやめません
・世間の声やアドバイスで責任を引き受けすぎない

危険なことを察知する能力も育てましょうね。

 

 

女性起業家のポテンシャルを高める【ビジョンメイク60メール講座】

▲pagetop