子どもは自然に将来を描けるのか〜「なりたい自分になる質問」

situmon1
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on LinkedIn

あなたは子どもの頃「大きくなったら何になりたい」と思っていましたか?

 

卒園や卒業のときに将来の夢を書きませんでしたか?

 

私の卒園のときは「大きくなったらパン屋さんになりたい」でした。

理由は「パンが好きだったから」・・・。

 

小学校の卒業文集に書かれた友人たちの「将来の夢」も読んでいて楽しかったですね!

「こんなこと考えているんだ〜」と意外な一面を発見でした(^^)

 

私の仕事のなかに「魔法の質問キッズインストラクター」があります。

 

大人たちのバージョンでは、お母さんたちに「子どものやる気を引き出す質問」

(もちろんお父さんもOKですよ〜)

これは子育てをしているお母さんたちのグループワークです。

問いかける、問いかけられることを体験して気づきが得られるプログラムです。

 

そして、昨日は中学3年生4クラス(130名)の

「なりたい自分になる質問」にキッズインストラクター9名でボランティアに行ってきました。

 

3年間の中学生活も間もなく終わり、4月からは新しい環境に進む子どもたちです。

あなたの子どもの頃を振り返ってみて

この頃はどんなことを考えていましたか?

 

・高校生になると、もっと広い地域からの友だちに変わる。

・部活は何をしようかしら?

 

そうそう、受験がありましたね。

希望する学校に合格できたか、そうではなかったか・・・。

 

いろいろな想いを抱えているこの時期の「なりたい自分になる質問」です。

 

ワークのときに、ペンが止まっている子どもに問いかけると

スルスルと答えが引き出されていきます。

 

・想いを言葉にできなかった

・問いかけに答えているうちに考えがまとまってきた

一人一人で違いますが、ワークが将来を考えるキッカケになれば良いな〜と思います。

 

大人たちコーチングやコンサルを受けている時代です。

子どもたちは、自分だけで将来を描けるようになっていくものなのかな〜?

子どもと先生・親の関係だけではなくて

大人たちは子どもたちにどんなサポートができるでしょうか?

 

キッズインストラクターと学年主任の先生とのご縁で

5、6時間目の授業のなかで開催できたワークです。

 

お話ししていても先生の子どもたちへの愛情が感じられました。

私たちもワークをさせていただいて感謝です。

 

「子どもがやる気になる魔法の質問」「なりたい自分になる魔法の質問」はこちら

 

 

わたしよ幸せにな~れ! Ho’o Happy 

それでは質問しますね。

なぜ、あなたにその問題が起きたのでしょうか?」

「そして、これからはもう同じようなパターンの問題は起きないのでしょうか?」

「だって問題はうまく解決したから、これで終わりじゃないの?」

きっとあなたはそう思われますよね。

 あなたは今、問題が解決されて、明るい希望を感じているでしょう。

あなたに繰り返し起きていた同じようなパターンは

「あなたのテーマ」でもあります。

もしも「気づいていないあなたのテーマ」鍵になるのであれば

そのテーマを知りたいと思いませんか?

個人セッションのお申し込みはこちらです。

(対面・Skype)

 

 

 

 

女性起業家のポテンシャルを高める【ビジョンメイク60メール講座】

▲pagetop