「子どもがやる気になる魔法の質問」「なりたい自分になる魔法の質問」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on LinkedIn

子どもたちとのコミュニケーションにおいて、「やる気を引き出す質問」をワークをしながら学びます。
どんなふう言葉掛けをすると子どものやる気や可能性を引き出すことができるのかということを、質問に答えながら学んでいただけます。
「もっとやる気を出して欲しい」「いくら言っても勉強に集中しない」「最近コミュニケーションが難しいくなってきた」など悩んでいませんか?
子どものやる気を起こして才能を伸ばすためには、どんな言葉掛けをするとよいのか、
子どもとどんな会話をすればやる気を起こさせることができるかを学べます。
「質問に答える」という簡単なワークで、気付いたり、発見したり、大きな変化を体験することができます。

 

①PTA、地域の集まり向け 90分

「子どもがやる気になる魔法の質問」

子どもたちとのコミュニケーションにおいて、
やる気を引き出すしつもんを体験しながら学びます。

1.能動的に行動ができるしつもん
2.仲良くなりたい人と仲良くなるしつもん
3.雰囲気をよくするしつもん
4.ほめ上手になるしつもん
5.シャンパンタワーの法則
6.行動やアイデアを引き出す効果的なしつもん
7.未来の視点を持ちつつ現在の行動に落とし込むしつもん
8.学んだことをより明確にするしつもん

 

 

②子ども向け講座 50分

「なりたい自分になる魔法の質問」

しつもんに答え合うことを通じて、

自分のやりたいことや、叶えたいこと、
なりたい姿など、夢や目標を発見し、
そこに向かうための道のりを創りだします。

1.欲しい情報を得るためにアンテナを張るしつもん
2.仲良くなりたい人と仲良くなるしつもん
3.叶えたいことを発見し、そこへ向かう道のりを創りだすしつもん
4.未来の自分になりきって夢へのヒントを受け取るしつもん
5.学んだことをより明確にするしつもん

 

※参加料は一律500円

団体向けの講座については別途対応しています。

お申し込み・お問い合わせはこちらからお願いいたします。

 

しつもん財団とは

理念

「しつもんで、未来を創り上げる」
~らしく生きることができる世の中を創るために~

自分に問いかけることで自分自身を知ることができます。
どんな自分が、自分らしいのか?

らしく、自然に生きていける世の中だとしたら、どんなに素晴らしいでしょうか。
その人がすでに持っている可能性や能力を知り、未来を創っていくために。

コンセプト

問いメソッドを深め、広げる。
マツダミヒロが魔法の質問をベースに開発したのが「問いメソッド」です。
問いメソッドとは、問いを通して学び、気づき、行動し、成果を上げる考え方です。
問い(質問)に答える、答えを書く、伝え合う。
ということを繰り返していく中で、
自分の中の答えに気づき、自発的に行動を生み出すスタイルです。

 

▲pagetop